【アムール無料会員のご紹介】

blog_160901.gif家族葬のアムールでは、皆さまに安心してご利用いただくために、無料会員サービスをご用意しております。万一の時にも電話一本で迅速な対応が可能になり、さまざまな会員特典もご利用いただけます。


<アムール無料会員について>
●事前にご登録いただきますと、お名前を伝えていただくだけで迅速な対応が可能です。万一の時にも、安心してご相談いただけます。

●入会金・掛金・積立金・年会費などの費用は一切かかりません。また退会される場合も費用は一切かかりませんので、会員登録後、規約などにしばられることもありません。

●登録後、会員カードを発行いたします。

●他社で既に会員になられている方でも、ご登録いただけます。


<アムール無料会員の特典>
●葬儀プランを会員価格でご利用いただけます。
詳細はこちらからどうぞ『無料会員サービスのご案内』>>

●会員様ご本人のほか、会員様から二等親の方まで特典をご利用いただけます。

●当社で不定期に開催しております「人形供養」に人形やぬいぐるみ等をご持参の際、会員カードを提示していただくと、供養料が無料となります。


※アムール無料会員は下記の方法で簡単に登録できます。

1.フリーダイヤル0120−02−0983へお気軽にお電話ください。

2. 当社ホームページより登録の際は、
こちらからどうぞ『お問い合わせフォーム』 >>

まだご登録されていない方は、ぜひこの機会に検討されてはいかがでしょうか?


又、資料をご希望の方には、ご葬儀に必要な情報をまとめた資料を無料でお届けします。
こちらからどうぞ『資料請求』>>


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【喪主として】

moshu_01.png
<喪主の心得>
「ご葬儀」深い悲しみの中ではありますが、最期の儀式を取り仕切る喪主の方のご負担は心身ともに計り知れないものがあります。
その負担を少しでも軽くし、悔いのないお見送りのために知っておくことも必要です。

<費用・場所・流れ>
●費用面はかなり気になる事と思われます。
「いくらかかるの?」「家族葬だから」などなど、そんな皆様へ当社は様々な葬儀プランをご用意しております。では、その葬儀プランとは・・・

詳細はこちらからどうぞ『 葬儀プラン・費用』>>

●次に、 お式を執り行う場所の決定です。
いろいろな葬儀場がございますが、当社は群馬県内全域対応しております。各公営斎場でのお式は・・・

詳細はこちらからどうぞ『式場と対応エリア』>>

又、神式、キリスト教式、学会、宗派など問わずお任せください。

●最後に流れです。当社のスタッフが終始フォローしますが、ある程度の段取りを把握しておきますと、不安も少し解消されることと思います。

詳細はこちらからどうぞ『葬儀・葬儀後の流れ』>>

如何でしょうか。事前に知る事も必要な『安心』かもしれません。


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【お彼岸には、ご先祖様への感謝を込めて】

blog_170913.jpg夏の日差しが少しずつ和らぎ始めると、秋のお彼岸の時期が近づいてきます。お供え物の準備やお墓参りの日程など、考え始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お彼岸は年に2回あり、春のお彼岸は春分の日の前後3日間を含めた7日間、秋のお彼岸は秋分の日の前後3日を含めた7日間です。お彼岸の初日を彼岸入り、春分の日・秋分の日を中日、お彼岸の終日を彼岸明けと呼んでいます。

今年の秋のお彼岸は、彼岸入りが9月20日(木)、中日が9月23日(日)、彼岸明けが9月26日(水)です。


そもそもお彼岸は、サンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」(完全であること・最高であることという意味)の訳語「到彼岸」が語源と言われています。

仏教では、私たちのいる煩悩と迷いの世界「此岸(しがん)」から、仏様の境涯に到るための六つの徳を積む修行、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」 によっり迷いを脱し、生死を超越した理想の世界・悟りの世界「彼岸(ひがん)」へ行くことができるとされています。

「此岸」は東に、「彼岸」は西にあることから、太陽が真東から昇り真西に沈む春分の日と秋分の日は、此岸と彼岸が最も通じやすくなると考えられています。この「此岸」と「彼岸」が最も近づく時に、先祖供養をするようになったのです。昼と夜の長さがほぼ同じになる日ですが、お彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に関係しています。

お彼岸は他の仏教国にはない、日本だけの行事です。お彼岸は「日願」ともされ、太陽の神を信仰する神道と結びついたという説もあります。その説では、春のお彼岸が種まきの時期、秋のお彼岸が収穫の時期と結びつき、ご先祖様への感謝と自然への感謝が結びついたとされています。


また、秋のお彼岸に供え物で作られる「おはぎ」は春のお彼岸に作られる「ぼたもち」と同じもので、 これらの名は、彼岸の頃に咲く春の「牡丹」と秋の「萩」に由来すると言われています。


仕事の都合などでお墓や仏壇にお参りができない方も、ご先祖様への感謝を込めて、心穏やかにそっと手を合わせてみてはいかがでしょうか。


"創業"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【アムール箕郷ホールにて「人形供養~お葬式なんでも相談会」を開催!】

blog_0916.jpg10月14日(日)、アムール箕郷ホールにおいて、毎回好評を頂いております、人形供養とお葬式に関わるなんでも相談会を開催いたします。当日は入場無料、人形供養料は、会員様は無料(受付で会員カードをご提示ください)、一般の方は1世帯につき500円です。

<イベント内容>

●お葬式に関わるなんでも相談会(10:00~14:00)
お葬式に関することでお困りのこと、わからないことはございませんか?専門のスタッフが、皆さまのご質問にわかりやすくお答えします。この機会に、お気軽にご相談ください。

●人形供養(11:30~)
魂がこもるとされる人形やぬいぐるみは、丁寧に供養してから処分するのが良いと言われています。捨てられずに家に置いてある人形やぬいぐるみをこの機会に供養し、処分しませんか?
11:30から住職による読経が開始されますので、供養されたいお人形本体を、当日9:00~11:30の間にお持ちください。
なお、お人形を収納している容器(ガラスケースや箱など)はお引き受けできませんので、ご了承ください。

<開催場所・お問い合わせ>

開催場所:「アムール箕郷ホール」高崎市箕郷町上芝303(パチンコARK480様前)
お問い合わせ:0120−02−0983 ※お気軽にご連絡ください。

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【「アムール箕郷ホール」にて、人形供養開催のお知らせ】

blog_180827.jpg

想いの込められた人形やぬいぐるみのお焚き上げをし、供養する人形供養。4月の開催では、参加いただいた皆さまに大変好評でした。その人形供養を10月14日(日)、「アムール箕郷ホール」において開催いたします。

<イベント内容>

●お葬式に関わるなんでも相談会(10:00~14:00)
専門のスタッフがわかりやすくお答えします。

●人形供養(11:30~)
11:30から住職による読経開始となります。供養料は1世帯につき、会員様は無料(受付で会員カードをご提示ください)、一般の方は500円です。供養されたいお人形本体を、イベント当日9:00~11:30の間にお持ちください。お人形を収納している容器(ガラスケースや箱など)はお引き受けできませんので、ご了承ください。

<開催場所・お問い合わせ>

開催場所:「アムール箕郷ホール」高崎市箕郷町上芝303(パチンコARK480様前)
お問い合わせ:0120−02−0983 ※お気軽にご連絡ください。

イベント当日は入場無料です。皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【知っておきたい葬祭費のこと】

blog_170817.jpg健康保険に葬祭の給付金制度があることをご存知ですか?健康保険加入者が死亡した場合は埋葬料が、国民健康保険加入者・後期高齢者医療制度加入者等が死亡した場合は葬祭費や埋葬料が給付される制度です。ここでは葬祭費・埋葬料について、詳しくご紹介します。

葬祭費・埋葬料の給付を受けるためには、死亡した方が国民健康保険や後期高齢者医療制度、または国民健康保険以外の医療保険(健康保険組合、全国健康保険協会、共済協会などの健康保険)に加入していなければいけません。


「葬祭料」が給付される国民健康保険・後期高齢者医療制度の場合、被保険者が75歳になると、加入先が国民健康保険等から後期高齢者医療制度へと変更します。葬式後、亡くなった方の住所がある市役所・町役場に、喪主を申請人として申請を行いましょう。葬儀の日から2年以内が申請期限となっています。国民健康保険加入者の被扶養者は、被保険者が亡くなったとき保険証の返却・変更の手続きを行います。その際に葬祭を行った方を対象に葬祭費の受給が受けられます。ただし死亡した方の国民健康保険加入期間が3か月未満の場合、交通事故などの加害者から葬祭費の賠償を受ける場合など、葬祭費の支給を受けられないことがあります。
高崎市の場合、葬祭費として5万円の給付を受けることができます。

国民健康保険以外の医療保険の場合、「埋葬料」が給付され、被保険者本人や被扶養者が死亡した場合に、被扶養者など(被保険者本人が死亡した場合)や被保険者(被扶養者が死亡した場合)に支給され、葬祭費同様に葬儀の日から2年以内が申請期限となっています。
高崎市の場合、埋葬料として5万円の範囲内で給付を受けることができます。
埋葬料の詳細につきましては、ご加入の医療保険事務所へお問い合わせ下さい。


「葬祭費」の申請には次のものがすべて必要です。

●国民健康保険の場合
・国民健康保険証(世帯主が死亡された場合は、全員の保険証)
・喪主の印鑑
・喪主の預金口座のわかるもの(預金通帳など)
・喪主の身分証(運転免許証など)
・喪主の確認ができるもの(葬儀の領収書・会葬礼状など)
・個人番号カード、または通知カード+身分証明書
・申請書(申請窓口などで配布されます)
〈高崎市の申請窓口〉
高崎市役所の保険年金課・国保担当です。

●後期高齢者医療制度の場合
 ・死亡した人の被保険者証
 ・喪主の印鑑
 ・喪主の預金口座のわかるもの(預金通帳など)
〈高崎市の申請窓口〉
高崎市役所の保険年金課・医療給付担当(後期高齢者医療担当)です。

申請に不備がなければ、2~3週間程度で申請者の銀行口座に振り込まれます。
もらい忘れのないよう、期限までに申請してください。


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【お盆の迎え方】

blog_170810.jpgご家庭の宗派や住んでいる地域によって、お盆のお供え物や迎え方は異なります。ここでは、基本的なお盆の迎え方を見ていきましょう。

●12日夕方
精霊棚(盆棚)・仏壇を精霊馬・精霊牛や盆花などで飾り付け、季節の野菜・果物・砂糖菓子をお供えします。この中の「精霊馬」はきゅうりを馬の形に、「精霊牛」はナスを牛の形に模し、迎え盆の時にご先祖様の霊がこの馬に乗いやって来る、送り盆の時には牛に乗り帰るという言い伝えによるものです。花びらを船にして帰ってくるというハスの花や、先祖が迷わないように道を照らすほおずきなども、お盆ならではの飾りです。

●13日の朝
お盆の初日は「迎え盆」とも言われます。夕方に麻幹(おがら)などを燃やし、ご先祖様の霊が迷わず帰って来れるよう迎え火をたき 迎え入れます。
迎え火をたかずに、お墓に提灯を持ってお参りに行き、ろうそくに火をつけ、そのろうそくの火をちょうちんに移して持ち帰り、家の盆棚や精霊棚の明かりを灯す場合もあります。また、地方によってはお墓からの道筋に、たくさんの松明かりを灯すところもあります。

●16日夕方
お盆の最終日は「送り盆」とも言われます。迎え盆と同様に麻幹(おがら)などで送り火をたき、先祖の霊をお送りします。盆飾りやお供えをわらの船に乗せて海や川に流し、病気や災いも一緒に流すという精霊流しを行う地域もあります。送り火のひとつに灯籠流しや京都の大文字の送り火などがあります。

先祖にお礼の気持ちを伝えたり、故人に思いを馳せたりして、心穏やかにお盆をお過ごしください。

当社では、新盆(初盆)に関するご相談を承っております。関連用品につきましてもお気軽にご相談下さい。

詳細はこちらからどうぞ『新盆(初盆)のご案内』>>


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【お盆の由来、ご存知ですか?】

blog_170807.gif今年もお盆が近づいてきました。毎年当たり前のように迎えているお盆ですが、どのようにして始まった行事なのか、ご存知ですか?
正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、古代インドでお釈迦様の10人の弟子の一人である日蓮尊者が神通力により亡き母の苦しむ姿を見て、お釈迦様に教えを請うたところ、今のお盆にあたる時季に、修行を終えた修行僧達に心から供養をすれば救われるとのことで、供養をしたことが始まりと言われています。
日本では8世紀ごろ、宮中仏事として、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられています。この祖先の霊を祀る行事である「お盆」は、日本古来の祖霊信仰と仏教が習合した行事であると言われています。

仏教では、8月13日~16日の4日間に「盂蘭盆会」の行事が行われ、祖先の霊を供養したり、亡き人を偲んだりします。

一方、日本古来の祖霊信仰では、「御霊(みたま)祭り」という風習があり、祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流するという行事が、初春と初秋に行われていました。やがて初春の行事が正月となり、初秋の行事が「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と習合して「お盆」になったと言われています。

今年のお盆は、このような由来にも思いを巡らせながら過ごしてみてはいかがでしょうか?


当社では、新盆(初盆)に関するご相談を承っております。関連用品につきましてもお気軽にご相談下さい。

詳細はこちらからどうぞ『新盆(初盆)のご案内』>>


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【手元供養について】

blog_170726.jpg自宅などの身近に遺骨をおいて供養する方法を「手元供養」といいます。永代供養や散骨とともに、新しい供養方法として注目を集めています。すべての遺骨を手元で供養する場合もありますが、一般的には、分骨して一部を墓に納骨または散骨し、もう一部を手元供養にするという方が多いようです。他の供養方法と合わせて取り入れられることも、注目を集める理由の一つでしょう。

手元供養は日常生活のなかで故人を偲び、身近に感じていたい方の供養方法で、主に以下の2種類があります。

●自宅に 遺骨を入れた小さな骨壷や専用のオブジェなどを安置して供養するというもので、インテリアとして置いておけるデザインのものが多くあります。揃えるものが分からなかったり、早めに飾りたい方には「ミニ仏壇セット」がおすすめです。
●ペンダントなどのアクセサリーに遺骨や遺灰を納め、身につけて供養するというもので、遺骨を加工して宝石のようにするものがあります。
亡くなった身近な方への想いをアクセサリーに込め、供養のためだけでなく、遺された方に対しても「心の支え」になることも魅力です。


「故人にいつも見守っていてもらいたい」、「故人をいつも近くに感じていたい」、「仏壇を置きたくはないが、故人を自宅でも弔いたい」。そういった想いを、手元供養で叶えてみてはいかがでしょうか。


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・

【この時期気を付けたい、手軽にできる熱中症対策】

blog_170720.jpg本格的に暑くなってきたこの時期に気を付けたいのは、何といっても熱中症です。手軽にできる熱中症対策、ご存知でしょうか?

レジャーや運動で外出する時や畑仕事など屋外で作業をされる時は、特に下記の点に気をつけたいところです。

●水分をこまめに、塩分をほどよく取る
熱中症予防には水分と塩分の補給が大切です。のどが乾いていなくても、屋外ではスポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料などでこまめに水分補給しましょう。市販されている塩分や各種ミネラルが入ったタブレットや塩飴などもおすすめです。大量に汗をかく時は相応の補給が必要となります。
塩分や糖分に関する持病のある方は、主治医の指示にしたがって補給を行いましょう。

●バランスの良い食事と睡眠など、生活環境を整える
食事と睡眠をしっかり取り、体調を整えましょう。夏バテ防止には、レモンや豚肉などを意識して食べるようにしましょう。またこの時期おすすめなのは、水を含ませるだけで冷感が長続きする、首当てなどの冷却グッズです。何度でも手軽に利用できるので、首元など体の表面近くに太い血管が通っている場所を冷やすことができます。吸水性・通気性・速乾性の良い衣服(麻・綿など)、炎天下では帽子や日傘、エアコンや扇風機、遮光カーテンやすだれ・打ち水などと併用して、暑さを和らげることもよいでしょう。

この他に、暖かくなる春ごろから日常的に適度な運動をおこない、 暑さに負けない丈夫な体づくりをすることも大切となります。

自分では大丈夫と思っていても、体は暑さに悲鳴を上げているかもしれません。熱中症にならないように、無理せず熱い夏を乗り切りましょう。


"創業40年の信頼と実績"
高崎市・前橋市・群馬県の公営斎場、家族葬、葬儀、葬式、直葬、火葬のみ全てを、株式会社タイヨウへお任せ下さい!
365日・24時間受付
0120-02-0983(無料電話)まで、お気軽にご連絡を下さいませ。
お電話1本が安心に繋がります・・・